稲羽の白兎 

(玉鏡)

 

大国主命が兄八十神の供となりて稲羽(因幡)の国に向ふ時に、気多之前に於て裸の兎が居つた。八十神は其兎に向ひ、海に浴して風の吹く高山の尾の上に伏せと云うたので、正直にも兎は言はるるままにした所が、塩の乾くにつれて皮が悉く風に吹きさかれて痛みに堪へず泣いて居た。其処へ大国主命が通りかかつて其由を聞き、大に哀れと思召して種々と教られたと云ふことは古事記にもあり、日本の伝説としてもよく人々の語り草となつて居るし、又鳥取県下には白兎神社(1)といつて白兎を祀つた宮まであるが、此の兎と云ふのは其人の名前であつて、馬とか鹿とか云ふ名前がある様に、白兎と云ふ名前を持つた人であつたのである。即ち其一族は淤岐の島から渡つて来た小民族の一団であつて、中の首長が白兎と云ふ名前を持つて居たのである。それが海の鰐を欺き、為めに怒りにふれて毛を皆むしり取られたと云ふのは、鰐とは当時の海上を根拠として居た民族の様なもので、極端に言へば海賊の一団と云つても良い。それを欺いたので、一切の掠奪に遭つたので患ひ泣き悲しんで居たのである。footnote
(1)「白兎神社」…鳥取市白兎に鎮座する。