『古事記』も、あれは全部歌によつてつづられている。「高天原に神つまります」、これもまた歌である。(「明光」 昭和10年10月)