第二九章 言霊解三〔四五九〕
『次にその禍を直さむとして成りませる神の御名は、神直日神、次に大直日神、次に伊都能売神』 神直日神は宇宙主宰の神の直霊魂にして、大直日神は天帝の霊魂の分賦たる吾人の霊魂をして完全無疵たらしめむとする直霊である。所謂罪科を未萠に防ぐ至霊にして、大祓の祝詞に、これを気吹戸主神と謂すのである。また八十曲津日神、大曲津日神は、大祓祝詞に、これを瀬織津姫神と謂ひ、伊都能売神を速秋津彦神、速秋津姫神と謂ひ、神素盞嗚神を速佐須良姫神と謂すのである。以上の四柱の神様を総称して祓戸の大神と謂ふのであります。 即ち伊邪那岐命が黄泉津国の汚穢混濁を払滌せむとして、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に、禊身祓ひの神業を修し玉ひし時に生れませる大神なるは前陳の通りである。 大曲津日神は、大神の神勅を奉じて邪神を誅征し討伐し玉ふ大首領の任に当る神であつて八十曲津日神を指揮し使役し玉ふ神である。これを現界に移写する時は、大君の勅命を畏みて征途に上る総司令官の役目である。以下の将卒は、即ち八十曲津日神様であります。猶ほ更に直日(直霊)と曲霊について左に大要を示して置きます。
   直霊
○直日の霊は荒魂の中にも、和魂の中にも、奇魂の中にも、幸魂の中にも含有さる。四魂中各自極めて美はしく、至つて細しき霊の名称にして、善々美々なるものを謂ふ。○直霊は過失を未萠に消滅せしむるの能力あり。四魂各自用ゐて直はその中にあり、これ即ち直霊なり、神典これを神直日大直日と云ふ。始祖の所名なり。○直霊は平時に現れず、事に当つて発動す。○神直日とは、天帝の本霊たる四魂に具有せる直霊魂を謂ふ。○大直日とは、吾人上帝より賦与せられたる吾魂の中に具有せる直霊魂を謂ふ。
   曲霊
○曲霊は神典これを八十曲津神、大曲津神と謂ふ。○八十曲津神は吾人の霊魂以外に在りて災禍をなす曲霊なり。大曲津神は吾人の霊魂中に潜みて災禍をなす曲霊なり。○曲霊なるものは悉く罪悪汚穢より湧出するものなり。○曲霊、荒魂を乱るときは争ひとなり、和魂を乱るときは悪となり、幸魂を乱るときは逆となり、奇魂を乱るときは狂となる。○曲霊は体を重んじ霊を軽んずるに因りて成り出づる悪霊なり。○曲霊は世俗の所謂悪魔なり、邪神なり、妖魅なり、探女なり。
   神明の戒律
○省、恥、悔、畏、覚の五情は霊魂中に含有す、即ち神明の戒律なり。末世の無識、妄に戒律を作り、後学を眩惑し、知識の開発を妨害す、神府の罪奴と謂ふべし。
○釈迦の十戒と謂ひ、基督の十戒と謂ひ、その他の学者神道者の唱導する戒律は、悉皆浅薄偏狭、頑迷固執にして社会の発達、人智の開明に大害をなすものなり。○人は天帝の御子なり、神子たるもの、真の父たり母たる上帝より賦与せられたる至明至聖なる戒律を度外視し、人の智慮によつて作為したる不完全なる戒律を楯と頼み、以て心を清め徳を行ひ、向上し発展し、立命せむとするは愚の骨頂にして、恰も木に縁つて魚を求めむとするが如し。○省る。この戒律を失ひたる時は、直霊直に曲霊に変ず。○恥る。この戒律を失ひたる時は、荒魂直に争魂に変ず。○悔る。この戒律を失ひたる時は、和魂直に悪魂に変ず。○畏る。この戒律を失ひたる時は、幸魂直に逆魂に変ず。○覚る。この戒律を失ひたる時は、奇魂直に狂魂に変ず。
   直霊五情曲霊の解
○荒魂は勇なり、勇の用は進なり果なり奮なり勉なり克なり。○和魂は親なり、親の用は平なり修なり斎なり治なり交なり。○幸魂は愛なり、愛の用は益なり造なり生なり化なり育なり。○奇魂は智なり、智の用は巧なり感なり察なり覚なり悟なり。
   義
○義は四魂各これ有り、しかして裁、制、断、割を主る也。○これを四魂に配せば裁は智なり、制は親なり、断は勇なり、割は愛なり。○裁は弥縫補綴の意を兼ね、制は政令法度の意を兼ね、断は果毅敢為の意を兼ね、割は忘身殉難の意を兼ぬ。 ▲政は正なり、令は理なり、法は公なり、度は同なり。○過を悔い改むるは義なり。
   欲
○欲は四魂より出でてしかして義を併立す。故に義の裁制断割に対して、名、位、寿、富となる。名は美を欲し、位は高を欲し、寿は長を欲し、富は大を欲す。
 経魂たる荒和二魂の主宰する神魂を厳の御魂と云ひ、緯魂たる奇幸二魂の主宰する神魂を瑞の御魂と云ひ、厳瑞合一したる至霊を伊都能売御魂と云ふのである。
(大正九・一・一五 講演筆録 谷村真友)